• 若者と政治をつなぐ、教育とお笑いそれぞれのアプローチ
  • 伝統と時代をブレンドして確立する、女性の新しい働き方
  • 「仕掛人」が語る、ネットとテレビの過去・現在・未来
  • 山を登るよう一歩ずつ課題を解決
  • 人と経営を元気に!~海外と日本の懸け橋として~
  • 将棋で育む親子コミュニケーション
  • 常に実践を意識して
  • 中小企業のマネジメントシステムを支えて
  • 人のご縁が、仕事の広がりへ
  • お客様とともに走り抜く
  • ADV(アドボカシー)な人々 #15 「らしさ」をオリジナリティーに
  • 鉄道とまちづくりと中小企業診断士
  • 中小企業診断士を盛り上げたい・広げたい
  • 「パパたち」が創り出す、楽しい子育て環境
  • ADV(アドボカシー)な人々 #12
  • コンサルティング談 #01 ホテル・旅館再生からの地域経済活性を目指して
  • ADV(アドボカシー)な人々 #10

買取と保険の業界から見えてくる’リスクヘッジ’

先行き不透明な時代の中で資産を守るリスクヘッジとしての外貨分散投資、金投資等についてや、宝飾業界の売買から見えてくること、世界情勢や中国経済の動向などを踏まえラウンジデザイナーズ株式会社 代表取締役社長の杉兼太朗氏と、ティーイーシーコンサルティング株式会社の代表取締役会長 寺岡洋氏に語っていただきました。

若者と政治をつなぐ、教育とお笑いそれぞれのアプローチ

東大在学時に20代の投票率向上を目指す学生団体ivoteを立ち上げ、現在はNPO法人YouthCreateにて「若者と政治をつなぐ」をコンセプトに活動する原田 謙介氏に、「お笑いジャーナリスト」を目指す若手女性芸人 たかまつななさんがお話を伺いました。

伝統と時代をブレンドして確立する、女性の新しい働き方

女性バーテンダーの山元涼子さんは、17歳の頃クラブで見たバーテンダーという職業に憧れたことから現在の店舗に就職。男性の職業と言われる業界で、10年間店長として経営に携わっています。山元さんの勤めるBarアナハイムに開店前におじゃまして、カウンター越しにカクテルを作って頂きながら、お話をお伺いしました。

「仕掛人」が語る、ネットとテレビの過去・現在・未来

ニコニコドキュメンタリーの「仕掛け人」の一人・吉川圭三(株式会社ドワンゴ会長室 エグゼクティブ・プロデューサー)さんに、元日本テレビ記者・キャスターの加藤玲奈さんと共に話をお伺いしました。

山を登るよう一歩ずつ課題を解決

第11回のゲスト・堀江正輝さんは, IT関連の仕事を11年間経験した後,診断士合格前に独立し,現在は ITを軸にコンサルティング活動を広げている診断士です。診断士を目指したきっかけから,現在の活動領域,さらには趣味の登山まで,幅広く語っていただきました。

将棋で育む親子コミュニケーション

女流棋士の北尾まどかさんは将棋教室で将棋を教える傍ら、子供にもわかる将棋の入門編「どうぶつしょうぎ」の考案者でもあり、日本国内だけでなく世界各地で将棋の普及に努めています。北尾さんから見た「将棋の魅力」「ビジネスでの活かし方」「将棋脳」「どうぶつしょうぎ」についてお話を伺いました。北尾まどかさんはこの1月から「東京ウーマン」にてコラムの連載を開始して頂きました。

人と経営を元気に!~海外と日本の懸け橋として~

第10回のゲスト・後藤さえさんは、海外経験が豊富な診断士です。転機の訪れ方は常に突然ですが、チャンスを最大限に活かして困難に立ち向かう姿がとても印象的です。ひょんなことから中小企業診断士を目指し、ご主人の都合から海外で独立開業するなど、ほかの人がめったにたどらない貴重な経験について、余すところなく語っていただきました。

スマホとSNS時代という新しい時代の子育て

以前から懇意にして頂いている、教育ICT、情報モラル教育分野のスペシャリストであり、内閣府「青少年インターネット利用環境整備・普及啓発検討会議」委員長の桑崎剛さんに情報モラル教育の最前線についてお話をお伺いしました。

常に実践を意識して

第9回目のゲスト・吉成篤さんは、30代前半での突然の独立ながら、それまで嫌いだった「営業」を武器に、コンサルティングや研修だけでなく、大学教員としても活躍している診断士です。独立までの道のり、仕事に対する思いなど、幅広く語っていただきました。

「らしさ」をオリジナリティーに

「ようかい体操第一」の作詞と振り付けですっかりお馴染みとなったラッキィ池田さん。子どもたちがついつい踊りだす動きはどのように考えられているのか!?頭にゾウのじょうろを乗せたユニークなスタイルからは想像もつかないプロフェッショナルな振付師としてのラッキィ池田さんに、こだわりと本音に迫ってまいりました。

中小企業のマネジメントシステムを支えて

第8回のゲスト・新木啓弘さんは、ご自身の得意分野からお客様先に入り込み、着々と業務の幅を広げ、支援先も増やし、大変ご活躍の中小企業診断士です。物腰柔らかで、周囲を優しく包む雰囲気でありながら、高い行動力をお持ちです。これまでどのようにして事業を広げていったのか、また、多くのお客様を抱える中でのタイムマネジメントなどについても語っていただきました。

人のご縁が、仕事の広がりへ

第7回目のゲスト・原島純一さんは、中小企業診断士資格を取得する前から独立しており、一貫して飲食店業界を専門に掲げて活躍している中小企業診断士です。独立までの紆余曲折、勇気ある行動の数々から、柔和な表情の奥に潜む芯の強さが感じられました。
今回は、独立までのエピソードや、専門性を持つことへのこだわりとその理由などをお聞きしました。

水と人と自然をつなぐ ~富士山の銘水 社長インタビュー~

富士山の銘水株式会社
代表取締役社長粟井 英朗氏

美しい自然の国日本、その中でも品質の良さを世界からも証明された「水」を扱う富士山の銘水株式会社の粟井英朗社長にお話を伺いました。

お客様とともに走り抜く

第6回目のゲスト・岡田憲政さんは、中小企業診断士資格を取得して6年。独立後5年のキャリアで、幅広く活躍中です。どんなことにも臆せずチャレンジし、その中で自身の持論を固めながら、キャリアを着実に広げていく力がインタビューの中からも垣間見えました。会社員時代の経験が独立後にどのように活きたか、また、どのようにして仕事を獲得してきたか、さらには仕事への取組み姿勢などを赤裸々に語っていただきました。

「パパたち」が創り出す、楽しい子育て環境

スーパーダディ協会 代表 高橋一晃氏
株式会社センジュ 代表 曽原健太郎氏
片岡英彦氏(戦略PRプロデューサー
谷本有香氏(経済ジャーナリスト)
パパが子育てに積極的に参加することを提案するスーパーダディ協会の高橋一晃代表、そして、働く子育て層に向けたコミュニティサービスを展開する、株式会社センジュの曽原健太郎代表に話を伺った。

鉄道とまちづくりと中小企業診断士

第5回のゲスト・黒田一樹さんは,経営戦略からクリエイティブまでを一気通貫で支援できるコンサルタントであるとともに,「鉄道好き」の世界では,ディナーショーを開くほどの有名人。まちづくりの仕事から鉄道にまつわる話まで,鋭い舌鋒と視点で語ってくださいました。

現代イスラム研究センター理事長 宮田律氏

現代イスラム研究センター理事長 宮田律氏
株式会社東京片岡英彦事務所 片岡 英彦氏
国際NGO広報担当 加藤 玲奈氏
フランスの風刺週刊紙「シャルリ・エブド」襲撃事件をきっかけに、欧州をはじめとする世界各地で緊張が高まった。パリでの襲撃事件のあった直後、現代イスラム研究センター理事長の宮田律氏にお話を伺った。

中小企業診断士を盛り上げたい・広げたい

第4回のゲスト・福島正人さんは、2013年の中小企業経営診断シンポジウムで中小企業診断協会会長賞を受賞された、大活躍中の中小企業診断士です。これまで、ほかの媒体でもあまりお話しされてこなかった独立までの経緯から、シンポジウムで発表された研究についてなど、幅広く語っていただきました。

現場の「次の一手」創造をお客様とともに目指す

第3回のゲスト・橋本尚久さんは、自分の世界を狭めず、さまざまな仕事にチャレンジしながら、やりたいことを明確にしていく力を持つ中小企業診断士です。現在は、ビジネススキルなどの企業研修や、マーケティング、業務改革を中心とするコンサルティングでご活躍ですが、これまでどのようにキャリアアップをしてきたか、その変遷をお聞きしました。

中小企業診断士の仕事は「創る・繋ぐ・見る・書く・話す」

第2回のゲスト・堀切研一さんは,地道な仕事から徐々に仕事の幅や深さを広げてこられました。現在は地域プロデュースのほか、後進の育成にも力を注ぎ、「取材の学校」、「講師の学校」、「歴史の学校」と 3つのスクールを開講するなどご活躍中です。その行動力・決断力を裏づけているのは、“戦略家”の顔でした。サラリーマン時代の苦労や、独立してからの仕事の広げ方など、重要な局面にどう決断してきたのかを伺いました。

ホテル・旅館再生からの地域経済活性を目指して

一般社団法人中小企業診断協会の会員誌「企業診断ニュース(月刊)」に2013年4月から連載しているプロコンサルタントへのインタビューコーナーが、「プロフェッショナル談」にデビューすることになりました。
様々な経営の現場で力を発揮する中小企業診断士の活躍ぶりを多くの方々に知っていただきたく、選りすぐりの中小企業診断士をピックアップしての掲載です。

一般社団法人日本アドボカシー協会 東京ウーマン    

powerdby